色褪せてゆくものがあると

毎年秋になると話題になるワイン、ボジョレーヌーボーの人気に翳りなんていうニュースを見ました。
このワインが輸入、解禁されるようになったのは十数年前くらいだったようです。当時では目新しくて華やかな印象だったようです。

国内でのワインブームというのもこのボジョレー解禁からだったらしいです。

美味しいものだねとその味わいを覚えて、秋のこの季節にしか味わえないから他の季節にボジョレーより美味しいと思うようなワインを飲むようになったのかも。
毎年恒例とは言っても歳月が経過するごとに目新しさや新鮮味が褪せて、消費量も輸入量も減ってるそうです。その内に見ることがなくなる・・・なんてことになると少し寂しいですね。

でも、そのいっぽうでボジョレー以外の銘柄ワインは好まれているみたい。褪せていく物があれば何か次の目新しいものが販売されるかもしれませんね!

Comments are closed.